トップページ >>情報発信ビジネス>>ネットで動画を売る仕組み

インターネットで、動画を売る仕組み

動画を売る仕組み

富田貴典

Youtubeで動画を売る:YouTubeメンバーシップ制度から、独自で集客して販売するVimeoを使った最新!インターネット動画販売法を解説!

更新日:2020年08月07日

ネットで動画を売る方法

まず最初に「動画なんて売れるの?」なんて思う方もいると思いますが、今の時代、YouTubeに動画をアップする人が増えたせいか、動画もそろそろ量から質の時代に突入してきた感じがします。

最初のうちはプラットフォーム上にコンテンツが少ない状態なので、量をこなせば見てくれる人が集まり媒体として機能します。そして、広告で収益化も可能になり動画を載せれば載せるほど稼げる仕組みが作れると。

 

しかし、この仕組みが注目され始めて多くの方が同じように動画をアップロードし始めると、視聴者は

  • より面白い
  • より楽しめる
  • より質の良い

動画を求めるようになり、今まで通りの量をこなして「動画+広告で稼ぐビジネスモデル」だけだと限界が見えてくるようになります。そして、このビジネスモデルだけで大きく稼ぎ続けれれるのは、一部のインフルエンサーや影響力や実力がある人だけとなると。

何と言っても、芸能人まで参入してくる時代ですからね。

 

これは、ブログでも同じような現象が以前ありましたが、今は、それがYouTube(動画媒体)に起きていると。

だからこそ、これからの時代は『動画+広告で稼ぐビジネスモデル』から『動画+一部のファンに有料動画を売って稼ぐビジネスモデル』にシフトする必要があるんです。

 

要は、昔有名なった「FREEモデル」の考え方です。

 

でも、「動画を売るって言われても、一体どうやって行えばよいのか」って思いませんか?

今の時代、ネットで動画を売ることが容易に出来るツールが揃っています。基本的に、今、ネットで動画を売るなら

  1. YouTubeで動画を売るか
  2. Vimeo等の動画配信サービスで売るか

このどちらかになると思います。

それぞれ詳しく説明していきます!

YouTubeで動画を売る方法

最近、一部のユーチューバーだけがYouTubeで動画を販売出来るようになったのをご存知でしょうか?

これは、YouTubeメンバーシップ制度と言われており、分かりやすく言うとYouTubeで動画を売る機能。なおかつ、個人や小さな会社でも「動画を売る!サブスクリプション型ビジネスモデル」を簡単に実現できる機能です。

Youtubeメンバーシップ制度

このYouTubeメンバーシップ制度にオンにすると、動画下に

  • チャンネル登録
  • メンバーになる

というボタンが2つ表示されることに。

 

チャンネル登録は今まで通り、あなたの無料動画を視聴してくれる登録者を増やす機能です。今まで通り登録者を増やして、無料の動画を提供する代わりに、YouTubeパートナーシップ制度で広告も視聴してもらい、あなたは広告料を得て稼ぐと。

 

一方で、「メンバーになる」ボタンを押すと、視聴者は

  • 広告なしで
  • 無料動画にはない非公開動画を

視聴する事が出来るようになるわけです。

 

しかも、月額課金で請求するタイプなので、視聴者がやめない限りあなたには毎月メンバー料金が入ってきます。いわゆる、サブスクリプション型ビジネスモデルです。

 

ただし、このYouTubeメンバーシップ制度は、一部のYoutuberのみ収益化が可能。まずは最初の段階で、広告で稼ぐYouTubeパートナーシップ制度がオンになるように、質の良い無料動画をYouTubeにアップロードし続ける必要があります。

そして

  1. YouTubeチャンネル登録者を1000人にして
  2. 総再生時間を4000

を突破する必要があるので、YouTubeメンバーシップ制度の場合は、直ぐに動画を売れるわけじゃありません。

 

Vimeoで動画を売る方法

一方で、YouTubeメンバーシップ制度を使わずに動画を売る場合は、Vimeo(ビメオ)という動画販売サイトを活用すれば、直ぐに動画を販売する事が可能です。

この場合、Youtubeはあくまでも集客媒体として活用したりして独自で集客する必要があります。

 

例えば、私の場合、海外向けにVimeoを使って日本語教材を販売していますが、

  • ブログや
  • YouTube
  • ネット広告を

活用し日本語を学びたい人を集客。

そして、無料のメール講座(いわゆる、メルマガ)に登録してもらい、メルマガで有料の日本語動画講座を販売するビジネスモデルを作り上げています。

詳しくは↓
Vimeoで稼ぐ動画ビジネス

 

このビジネスモデルを実現する場合、YouTubeメンバーシップ制度と違い

  • DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)や
  • プロダクトローンチの売り方
  • エバーグリーン等の売り方

を学ぶ必要がありますが、上手くやれば個人でも年収1億円以上稼げるビジネスモデルを作り上げる事さえ可能です!

 

とにかく、今の時代は、動画と広告で稼ぐビジネスモデルは供給過多の時代に突入しています。

だからこそ、今回ご紹介したいずれかの方法で動画を売るビジネスモデルにシフトする事が重要になる時代なんです!

参考になったらSNSでシェアーして下さい。
記事作成の励みになります!

 

ネットビジネス初心者の方へ↓

ネットビジネス初心者のイメージ画像

【初心者向け】0からのネットビジネス始め方

kaigainet.com/step1.html

アフィリエイトサイトのイメージ画像

ネットビジネスなら、アフィリエイトが1番?

kaigainet.com/step2.html

資産構築型アフィリエイトのイメージ画像

資産型アフィリエイト入門講座

kaigainet.com/step3.html