トップページ >>ネットビジネス >>ネット販売

【ネット販売の始め方】個人におすすめの4種類のやり方

個人向け!ネット販売のやり方

富田貴典

ネットで仕入れネット販売するネットショップを開業し個人事業主として起業したい人へ!

個人でも出来る!ネット販売の具体的な方法(始め方や、やり方)から、仕入れサイトやネット販売サイトを解説!

ネット販売の始め方・やり方

ネットビジネスの中で一番有名なやり方といえば、商品を仕入れてネットで販売するやり方です。

店舗販売と違うのは、インターネット上にお店を開いて商品を販売する事。

ですから、通常の店舗を構えて商品を販売するよりは、

  • 開業資金が少なく済む
  • リスクが小さい
  • 副業でも出来る!

しかも、上手く行えば通常の店舗よりも、何十倍も儲かる可能性があります!

店舗だけだと、1つのエリアをターゲットに行うのに対して、ネットショップは開業したら全国を相手に出来るからです!

中には、店舗で販売しながらネットでも販売しているオーナーの方もいます。

 

ただし、今の時代背景を考えて行わないと、逆に損する可能性もあるので、この記事を読んで個人でも出来る!昨今のネット販売の始め方とやり方を学んで下さい!

では、実際にネット販売するには、どうしたら良いのでしょうか?

今の時代、ネット販売のやり方は下記の4つ

  1. ASPを利用してネット販売
  2. 商品1つを独自でネット販売
  3. ドロップシッピングでネット販売
  4. 大手ショッピングサイトでネット販売

これら4つの方法が、個人でも出来る!ネット販売のやり方となります。

 

ASPでネット販売

個人向けのネット販売のやり方で1番良い方法はASP(アプリケーションサービスプロバイダー)と呼ばれるサービスを活用する事です!

例えば、私の場合は、以前カラーミーと呼ばれるASPを使って独自のショップ展開も行っていた経験があります。

color me カラーミー

カラーミーを使えば、ネット販売サイトの

  • トップページ、
  • 商品販売ページ、
  • ショッピングカート等も

全て揃っており管理画面にログインするだけで全てが完成できるようになっています。

また、スマートフォンネットショップにも対応しており全て連動している為、PC向けのネットショップを作りながら他のスマホショップも自動的に作れるんです!

カラーミーは30日間は無料で使えるので、一度カラーミーサイトに無料登録してネット販売を試してみるのも良いでしょう。

 

最近ですと、テレビCMでお馴染みのBASE:ベイスもおすすめです!

BASE(ベイス)は初期費用も、月額費用も0円で無料。 カラーミーと同じように、ネット販売に必要な

  • 販売ページ
  • ショッピングカート
  • 決済リンク等

も簡単に作り上げる事が可能です。

BASE:ベイス

カラーミーとの大きな違いは、毎月の運営費です。

BASEの場合、カラーミーと違い売れた時に決済手数料が取られるだけなので運営費は掛かりません。

売れたら、その都度、決済手数料がかかるシステム。カラーミーは手数料チャージではなく、毎月のシステム代が掛かります。

正直言うと、BASEの方が個人がASPを使いネット販売を行う上では1番安くできるおすすめの方法です。

 

商品1つを独自でネット販売

特に販売する商品が多くなく1つの商品をネット販売したい場合は、自分で販売ページを1ページだけを作成し決済リンクを設置。

そして、その1つの商品の販売ページをネット広告で集客する方法の方がおすすめです。

この場合、必要なのは

  • 商品を売るセールスレターと
  • 決済会社へのリンク

のみ。

例えば、私自身も自らの教材を販売する1ページのセールスレターを作成し、商品を購入できる決済会社のページにリンクしてネット販売を行っています。

この時、ホームページ作成ソフトを使って販売ページを作り上げるのが一般的ですが、ネット上のサービスでセールスレターが作成できるサービスを使うのが簡単でおすすめです!

いくつかありますが、その中でも最近登場した【ペライチ】は比較的おすすめできるサービスです。

ペライチ

有料ですが、数百円から数千円で高品質なセールスレターをウェブ上で操作して作成できます!

実際、このペライチで作成できるセールスレターを見ましたが、比較的シンプルなデザインで見やすいです。

正直言って、このレベルのセールスレターを業者に頼んだら安くても5〜10万以上掛かります。

それぐらいレベルの高いセールスレターが数百円から数千円で作れます。

 

次に、ネット決済は様々なネット決済サービスが存在しますが、1番おすすめは、無料で導入できるペイパル(Paypal)です!

paypal(ペイパル)

Paypalは会員登録して本人確認等を済んだら決済リンクの導入が出来ます。商品が売れない限り費用は掛かりません。商品が売れた時に、手数料が3〜4%程度掛かります。

また、売上は一度Paypalに入り必要な時にご自身の銀行口座に振込みが可能です。

 

ドロップシッピングでネット販売

個人でネットショップを運営して商品をネット販売したい場合は、ドロップシッピングを使ってネットショップを開業してみても良いと思います。

ドロップシッピングとは、在庫も持たずに配送もせずに商品を販売できるシステムの事。

しかも、商品の仕入れサイトと連動しているので開業までの流れもスムーズ。

よりリスクを抑えて副業感覚で、ネットショップの運営が出来ます!

ドロップシッピング

ただ、ドロップシッピングは、昔に比べるとドロップシッピングサービスを提供する会社が激減しており、最大手だったもしもドロップシッピングも撤退しています。

現在は、カナダから進出してきたShopify(ショピファイ)という会社のサービスを活用するか、もしくは、仕入れサイトで仲介サイトを使わずにドロップシッピングで対応してくれる問屋と契約するかのどちらかです。

詳しくは↓
ドロップシッピングの始め方

 

楽天・Amazon・Yahooでネット販売

楽天

楽天やAmazon等の大手ショッピングサイトに参加すれば、個人でもネット販売を行う事が可能です。

有名な大手ショッピングサイトといえば、

  • 楽天や、
  • Amazon(アマゾン)
  • Yahoo!ショッピング

の3つです。

ただし今の時代、これらの大手ショッピングサイトに出展したからと言っても、そう簡単に上手くいくわけじゃありません。

なぜなら、競争が激しいし出展料も高いからです。

 

ニッチな商品や独自ブランドの商品があれば価格競争に陥る事が少ないので儲けを出せる可能性はあります。

楽天やAmazonなどはブランド力もありますので参加しているだけ信用力が増し、お客様を呼び込む事さえ出来れば注文は取れます。

 

ただし既に、どこにでもある商品を仕入れて楽天で売っても儲ける事は難しいです。

たとえ、売上を伸ばす事も出来ても毎月のランニングコストや広告費を考えると、あなたの手元に残る利益は微々たる金額です。

詳しくは↓
楽天ネットビジネスは出店赤字が多い理由

 

ちなみに、Yahooショッピングモールなら無料でネットショップを開業できます。

出店料から通常毎月掛かるシステム利用料等も無料なんですよ!!

楽天に参加してる人なら分かると思いますが毎月掛かる固定出店費用とかもバカにならないじゃないですか。

もう少し分かり易く説明すると、 “人が集まるデパートに無料でお店が開けちゃう!”みたいな感じです。

しかも個人事業も参加出来るし、今の時代、商品の配送等はAmazonのFBA等を使えば自動化も可能です。

AmazonのFBA

Amazonは、流通力が凄いですから商品の配送スピードは、めちゃ早いです。

商品と場所によっては、”今日注文したら今日届く!”って事もあるらしいですから。

このサービスを個人でも使う事が出来るから凄いです。

開業の流れ的には、

  1. Yahooショッピングモールに参加
  2. ネットショップを開業!
  3. AmazonのFBAで商品を配送させる。

ただ、何度も言うようですが、大手ショッピングモールに参加したからと言って簡単に稼げる程、今の時代は甘くありません

それだったら、1〜2番目のネット販売のやり方の方がリスクも少ないのでおすすめです。


商品の仕入れはどうすれば?

トップセラーやネッシー等の仕入れサイト

最後に、独自の商品がない場合は問屋から商品を仕入れる必要がありますが、ネット上の仕入れサイトを活用すれば個人でも仕入れる事が可能です。

仕入れサイトとは、

  • NETSEA:ネッシーや、
  • TopSeller:トップセラー

があります。

これらの仕入れサイトにて、あなたが販売したい商品を仕入れて自分でネット販売すれば良いんです。

また、ネッシーやトップセラーを利用すれば、先ほどのドロップシッピング形式で対応してくれる卸もあります。

例えば、ネッシーを使った基本的な仕入れ流れとしては

  1. コチラのネッシーの仕入れ会員登録を行い
  2. 消費者直送可能サプライヤーを探す(特集ページから探すと探しやすい)
  3. 「今すぐ仕入れる」に進み、
  4. お届け・支払い方法選択ページにて顧客の情報を入力(詳しくは↓)

お届先・支払方法選択ページで「その他の住所(消費者直送)」を選択し、顧客の住所を入力。
「顧客直送用納品書を希望する」にチェックを入れると連絡先がバイヤー様、送付先が顧客となった顧客直送用納品書が同梱されます。

引用元:NETSEAの消費者直送可能商材について

*もちろん他にも審査や会員情報の入力等はありますが、基本的な流れは上記となります。

 


【初心者向けのおすすめ記事】

ネットビジネス初心者のイメージ画像

パソコン初心者向け!ネットビジネス始め方

step1.html

アフィリエイトサイトのイメージ画像

初心者に1番おすすめアフィリエイトとは?

step2.html

ネットビジネスで自由を手にした男性のイメージ画像

収入と自由を手にする資産型ブログの始め方

step3.html


ネットビジネスで稼ぐ為の秘訣を解説した無料メール講座今すぐ下記より無料ダウンロード

下記にあなたのEメールアドレスを入力後、『今すぐ無料講座に登録』を押して下さい。

ご入力頂いたメールアドレスに、特別動画視聴ページと電子書籍ダウンロードURL、その他、各種情報が届きます。

注意》outlookや、icloudのメールアドレスだと届かないので別のメールアドレスをお使いください。また、ご入力いただいた情報は「個人情報保護法」に基づき厳正に管理し定める目的以外で情報を利用する事はありません。

この無料レポートを読んだ方達のコメント